カテゴリ:すまい考( 19 )
住田町の仮設住宅
b0024611_12205263.jpg
六本木ヒルズで展示していた住田町の仮設住宅を見に行きました。
最終日の夕方でちょうど解体が始まったところ。
現地で偶然?出会ったS氏がいうように一番おもしろいところ。
b0024611_1221312.jpg
地元のスギ材を使ってシステム化したもの。
スギの質感がとてもよかったです。

ディテールを工夫すれば、仮設住宅でなくても十分いけそうですね!
といいますか、現在の新建材ハウスより遥かにいい空気だ。
[PR]
by hidamari_musees | 2011-08-08 12:26 | すまい考
地球温暖化はブームなのか?
いちばん大事なこと―養老教授の環境論 (集英社新書)
養老 孟司 / / 集英社
ISBN : 4087202194

ほんとうの環境問題
池田 清彦 / 養老 孟司 / 新潮社
ISBN : 4104231045

養老先生関連の本を読んでいます。
たしかに、アル•ゴア氏の「不都合な真実」は、特にその海面上昇の記述が非常に過大。IPCCででた数十cmとの差はあまりにも大きい。という時点で、かなり疑問を持つようになりました。

疑問を持つことは、非常に大切なので記録しておきます(すぐ、忘れちゃうし...-_-;)。昨夜のNHKで「原子力発電所」と「太陽光発電」のCO2排出量は0グラムと書いていましたが、LCA的にみると全く違います。作ったあとの話ししかしてないですから。原発を1基つくったり、維持したり、廃棄したりするのに、どれだけCO2が使われているか? それをほんとうに回収できるのか?という視点でみないといけません。ですから、0グラムなんてことは絶対にありえません。太陽光発電も同じ。数年前までは太陽光発電をしたほうが石油を多く使ってしまう状態でしたが、最近効率が4倍よくなり、ようやく石油を直接使うよりも太陽光発電のほうが石油を使わなくなったようです。そんなものなのです。原発は今でも回収できないではないでしょうか??
いろいろな新技術がありますが、単純に石油をうまく使う事だけを考えた方が、CO2の節約になるかもしれません。こんなに温暖化ブームなのに、このあたりの本質までしっかり書き込んだ書籍がぜんぜんないのは一体どうしたことか? ブームだからか??(笑)

ほんとにCO2のことを考えると、今の報道内容や一般的にいわれていることが如何に根拠のないことかがわかってきます。本によると、廃油から作られるスーパーのレジ袋がいちばんエコロジカルなんだそうです。指定ゴミ袋はバージンの石油から作られる...エコバックにいたっては、いちばんすぐれているレジ袋の何倍もエネルギーがかかっている。となると、なにがなんだかわからなくなってきて、結局昔からある方法が一番エコロジカルだったりする訳です。

というところで、今朝の新聞記事をみて、またまた興味が湧いてきました。
[PR]
by hidamari_musees | 2008-06-02 14:50 | すまい考
第2次循環型社会形成推進基本計画
平成20年3月24日
第2次循環型社会形成推進基本計画の閣議決定について(お知らせ)


こういうのは、盛り込み過ぎでわかりにくいなあああ。
もう少しシンプルにまとまらないものか?

バックキャスティングのように、「目標」をまずハッキリさせたほうがいいんじゃなかろうか? サステイナブルというなら、ゴミの量を前面に出すのじゃなくて、CO2だけのほうがよかったんじゃないか?
[PR]
by hidamari_musees | 2008-03-25 09:38 | すまい考
国産針葉樹合板
b0024611_13481846.jpgこれって、九州や東北などでほとんど再造林されないで、ドンドン伐られている件ですよね…

全然サステイナブルじゃない。

詳しくは?、さわりは「布土樹」の最新号を御参照くだされ…
[PR]
by hidamari_musees | 2007-05-14 02:07 | すまい考
古紙100%再生紙は環境にやさしくない…
「古紙100%再生紙は環境にやさしい」はウソでした
2007/4/28 excite ニュース


「古紙100%の再生紙を製造する際には化石燃料(石油・石炭)の使用量が増えて、二酸化炭素排出量が古紙を使わない場合の2倍以上になる」「「100%」にこだわるのではなく、用途に応じて最適な古紙配合率を決める必要がある」という製紙会社の広報。これは、CO2削減の観点からみると、至極真っ当。

問題は、古紙50%として、残りをどっから調達するのか?

山にも、間伐材ならいっぱいありますけど… 搬出費が… できすぎたキャベツをつぶす農家とどっちがいいのでしょうか? う〜む。
[PR]
by hidamari_musees | 2007-04-29 08:15 | すまい考
夢の家、つくりたい…
そろそろ50の声が聞こえるってのに、
なにトキメイてるんだ…笑

なにがどうなるかわかんないけど、
いつもどこかみえないところで努力していたい。

さあてと、
Stay hungry, Stay foolish & Think through...
[PR]
by hidamari_musees | 2007-03-11 13:29 | すまい考
借地はいかが?
小さくていいから、シンプルな家が欲しいな。
できれば今住んでる地域で…

今住んでいる界隈に移り住んで、早くも10年近くが過ぎた。
この「時間」が大切なのだと思う。

また別の土地に引っ越すのもいいけど、
うちの場合は違う、この10年を活かしたい。

でも土地を買うお金はない…笑

80年の定期借地で80年生のスギヒノキでシンプルないえできないかな?
もちろん80年住めるいえ。
最近、ずっとそんなことを考えてます…
[PR]
by hidamari_musees | 2007-03-06 22:56 | すまい考
賃貸物件でもリフォームしたい!
ニッポンの賃貸は「現状復帰」がキホン。これは変わらないけど、商店建築などでは、もちろん「自分の店」らしくリフォームしないとお話しになりません…

これが使い捨てにならないようなリフォームになればいい。

マンションなんかでも、スギやヒノキの板を「置き床」にすることは十分に可能。壁紙はむずかしいけど、長く住むのだったら大家さんの許可をもらって(できれば現状復帰を免除してもらう)、漆喰壁にすることもお薦め。ほんとうにいい大家さんだったら、材料費ぐらい出してくれるかもしれない。私が大家さんだったら、よろこんで出します(笑)。

東京の木で家を造る会の事務局も、マンション賃貸ですが、お手洗いの建具はスギ板。とはいっても、薄いポリ合板のフラッシュドアにスギ板を接着しただけ(笑)。これだけでも大きく見栄えが違うし、気持ちいい!

要は価値が少し上がるようなリフォームをすればいい。

もし、出て行かなくてはならなくなったときも、そのまま残しておいて欲しいと思わせるようなもの。一度、信頼関係を結べば、ほんとうに材料代ぐらい、喜んで出してくれるかもしれない。そうやって、社会資本が整っていくといいな♪
[PR]
by hidamari_musees | 2007-01-21 12:12 | すまい考
sumai は「持ち家」か「賃貸」か?
不動産はほんとうに所有する必要があるのかどうか?
これは意外に奥の深い話しである。(どっちが得かは、インフレとかデフレとか、もっと大きな経済環境に左右されるので議論してもあまり意味がない。)

所有権(民法206条)
「所有者は、法令の範囲内において、自由にその所有物の使用、収益および処分をなす権利を有す。」

賃借権(民法601条)
「賃借権は、当事者の一方が相手方に、ある物の使用および収益をなさしむことを約し、相手方がこれにその賃金を払うことを約するに因りてその効力を生ずる。」

住まい手からみて、所有権が有利なのは「自由に」という部分ではなかろうか。
賃貸だと「現状復帰」というルールが、日本では蔓延しているために、なかなか自分の思いどおりの住まいに住むことができない。

これは、一戸建ても、マンションも同じ。
もし、「自由に」リフォームしてもよい賃貸物件があれば、これは解決する。

賃貸物件だけど、ユーザーが自由にリフォームしてもよい。

契約を解除するときには、現状復帰ではなく、ユーザーのリフォームの価値を算定し、買い取る契約にしようと思えばできる。でもニッポンの大家さんは、お客さんを信用しない(お客さんの問題ももちろんある…)

ま、こんなことは欧米などでは普通みたいだ…
住まい手であるクリエーターたちは、スケルトン(建築躯体)に、自分好みの空間を仕立て上げる。その空間をまた次の住み手が買い、さらにリビルドする。。。 ここで重要なのは結局長く使われることになるスケルトン(建築躯体)そのものだ。

今の日本に戻ると、
”「所有」するのであれば、「自由に」を活かさなければ意味がない。”
という結論になる。

住宅メーカーや大手工務店が提供するパターン化された一戸建てやマンションを「所有」するのであれば、「賃借」と大差ないと思う。「所有」に伴い、大きな大きな負債をかかえるのであれば、「賃貸」を考えた方がいい。

でも「自由」が欲しい。
じつは、不動産、特にマンションではよい中古マンションがかなり隠れている。これを自然素材でリフォームすることはひどく現実的だ。中古の一戸建てに関しては、現状では、いい物件はほとんど期待できない(社会的ストックの質が悪い)が、建物ゼロ査定になっているであろう在来工法の家で、とびきりのものが隠れているかもしれない。軸組など使えるところだけ残して、自然素材でリフォームもおもしろいかも…笑

「土地」に関しても、「所有」だけを考えなくてもいいのかもしれない。
というわけで、次はいつになるのかわかりませんが、「定期借地」の話しかな?
気が向けばだけど…
[PR]
by hidamari_musees | 2007-01-20 18:00 | すまい考
冬の御苑 ムッレ現る
b0024611_220597.jpg
Sさんに誘われて、高見幸子さん(ナチュラルステップ)のムッレに子供(小学2年生)と参加しました。場所は新宿御苑。紅葉が真っ盛りで、都心とは思えないとてもいい色合いに包まれていました。

大きな大きな木の下で…
[PR]
by hidamari_musees | 2006-12-06 22:11 | すまい考



「すまいは人をあらわす」。…なんて、我が身を振り返る(汗)。すまいはひとりひとりのミュージアムのよう。集まって住めば、さらにおかし。
by hidamari_musees
Link !!
ひだまりミュゼ 建築士事務所
ひだまりミュゼ web

Facebook ページ
ひだまりミュゼ
ブログの更新情報など

<資料室>
sumai+
mansion+

マン管備忘録
カテゴリ
全体
contact us
木のいえ
+ 古民家改修(北穂高)
+ ハーフビルド(豊明市)
+ ムク材マンション(名古屋)
+ 安曇野の自邸(安曇野三郷)
古民家再生
セルフビルド
安曇野松本
家具
+ 昭島中神の家(昭島市)
+ 大泉学園の家(練馬区)
+ ログリノベ(軽井沢)
+ 日向和田の家(青梅)
+ 減築プロジェクト(小金井)
+ 環の家(日の出)
+ 古民家リノベ(梓川梓)
+ 築90年のリノベ(青梅)
+ あきる野の家(あきる野市)
+ ひだまりの家(日の出)
+ ムク材マンション(東京)
すまい考
ペレットストーブ
再生可能エネルギー


東京の木
マンション管理
日記
資料室
最新の記事
北穂高の古民家改修
at 2016-02-19 10:43
ハーフビルドなハナレ「木工..
at 2015-07-31 13:41
ハーフビルドなハナレ「木工作..
at 2015-07-31 13:26
無垢材マンションリノベーショ..
at 2015-07-30 13:27
「ムク材マンション@名古屋」..
at 2015-05-11 10:59
鬼無里の古民家訪問 ロケット..
at 2015-05-08 15:26
ムク材マンション・竣工見学会..
at 2015-03-27 11:41
「ムク材マンション・信州カ..
at 2015-03-19 18:03
「ムク材マンション・信州か..
at 2015-03-19 17:44
「ムク材マンション・信州カ..
at 2015-03-19 16:00
タグ
最新のコメント
いやいや、値下げ交渉かな..
by hidamari_musees at 10:24
いっそ、3台まとめて大人..
by studio-tsumugi at 19:17
おひさしぶりです〜 安..
by hidamari_musees at 13:46
いい写真だーーー!! ..
by kyoco-chan at 20:00
2階の音を気にしない人は..
by hidamari_musees at 22:17
きれいです。隠しちゃうの..
by まっちゃんこ at 13:58
面白いけど、たいへんで~..
by hidamari_musees at 18:16
面白そうなことされてますね。
by studio-tsumugi at 17:04
うちもお腹の具合が悪い人..
by hidamari_musees at 22:59
これ 好きだわ~ 峠の..
by kyoco-chan at 19:41
お気に入りブログ
森林・林業データベース
うちの食卓 Non so...
ほどくぼ日記
irei blog
身体と心のよりどころ
ひだまりミュゼ マンショ...
裏きょこ日記
続・U設計室web diary
ひなたの場所
スタジオ紡
【匠のデジタル工房・玄人専科】
ひだまりミュージアム
ひとりごと
Wind
東京ペレットのブログ
東京の木で家を造る会 ...
NPO プレイス
Greener World
人生の宝物 by 金田裕子
いまここで
M42マウントレンズ地獄
hallelu-ya 太...
香恋の里しもやまの「クラ...
測定器47台プロジェクト
浜中材木店のブログ
検索
以前の記事
2016年 02月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 10月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧