人気ブログランキング | 話題のタグを見る

講座

講座_b0024611_8274497.jpg
あだなおさんのブログ「サステナラボ」にせっかく紹介していただいたので、あわてて本業ネタです(^_^;)。

先週の土曜日に、講座のスタッフ(出演もあり、、、)をやりました。
森林と住まいの講座 第11期 第4回
約2ヶ月、スタッフ間でブレストを含む打ち合わせを数回行い、当日の講座ではその成果がよく出ていたように感じます。(出演しちゃうと良かったんだか悪かったんだかなかなかわかりません。。。) ひなたの場所さんの家づくり提案・key word、なかなか刺激的でよかった! 反論考えているうちにいろいろ理解が深まったように感じます。ひなたさん、お疲れ様でした~(今、80年以上耐えられるデザインってなんだろうと考えてます。。。)

この写真は、インタビューに伺ったお宅。
築8年。無垢の材が年数とともに、いい味をだしています。土壁との相性もとても美しい!

年数とともに、味が出てくる。

これを感性として、ちゃんと受け入れられる人と、そうでない人がいるかもしれませんが、古い家、とくに文化財になっているような民家に限らず、皆こういう経緯をたどってきている事を忘れてはいけないと思っています。

いつまでも、日本の家の寿命が築30年前後でいいはずはありません。
そのためのいろいろなヒントを提案したつもり。家を造る前に、山に入って作業したり、製材所にいったり、大工の仕事ぶりをみるべき。
昔は身近ですべて見ることができましたが、今これを見ることができるのが、東京の木で家を造る会の魅力だと思います。「トレーサビリティ」ってやつですね。



当日の激闘のあと。。。
講座_b0024611_8344786.jpg
資料に話をすることをどんどん書き込んでいきます。
私は、2人のセッションだったのですが、その直前までいろいろ書き込んだり、話のコアとなるキーワードを絞ったり。。。

まあ、とにかく疲れました。。。
講座ってパワーいりますね。
by hidamari_musees | 2006-08-30 08:37 | 東京の木

安曇野のちいさな設計事務所です。こだわるのは無垢の木と実際の作り手である職人さん。 それぞれの条件を活かし柔軟な提案をいたします。 お施主さんと職人さんをつなぎ、じっくり丁寧に取り組んでいます。2013年春、安曇野に移転。移住関連のご相談もお受けしています。詳しくはプロフィールにて!


by ひだまりミュゼ