人気ブログランキング |
自然系断熱材の話(フォレストボード編)
前回のウールブレスの話からの続きです。

今回は、ほぼ完全に自然素材のフォレストボードのお話です。

原料は、杉樹皮49%、バージンパルプ49%、トウモロコシから作られたコーンスターチ糊2%のみで、添加物は一切なし。
スギの間伐材ではなく、製材の時に出る樹皮(バーク)を利用したものです。
樹皮とバージンパルプの割合がほぼ同じというのが気にかかりますが、化学物質過敏症の大工職人がこよなく愛する素材です(笑)
シックハウスの告示対象外。木材等と同じくF4(規制対象外)の表示も不要。
ウールブレスのNタイプ同様、ほぼ完全に「脱プラ」です。

樹皮は経験的にシロアリや腐れに強いことが知られていますが、さまざまな実験もされています。

イエシロアリの摂食試験結果
 シロアリによる食害量(重量比)
 フォレストボード5~10%程度
 杉の辺材30%程度

腐朽菌による重量減少試験結果(重量比)
          カワラタケ キチリメンタケ
 フォレストボード なし    1%前後
 杉の辺材     20~26%  36~49%

シロアリに対してはスギの辺材の1/3の食害量ですから、外壁の通気胴縁などにつかう下地材よりも強いことになります。
腐朽菌に関する効果は非常に大きいのがわかります。

熱伝導率は0.044で、ウールブレス、グラスウール16Kとほぼ同等です。
特徴は、熱容量が比較的大きいことと左官の下地材にもなるというところです。

でもなによりもいいのは、廃棄の時に普通に燃やせること。当然、カーボンニュートラル。
脱プラスティック、完全には難しいけどできることはまだまだありそうです。

ただし、自然系断熱材の断熱性能は最近の超高性能のプラ系断熱材にはかないませんので、HEAT20のG2グレード以上の断熱性能を求めるのであればそちらを使うことも十分にありえます。無垢の木の良さを活かすために薄くて高性能なものを使うことも考えられます。もしくは暖房をカーボンニュートラルな薪やペレット、高性能エアコンにする手もあります。そのあたりのバランスはお施主さんと相談して決めていきます。


つづき・・・(ご参考)ウッドファイバーとフォレストボード
# by hidamari_musees | 2019-09-22 07:53 | 木のいえ
自然系断熱材の話(ウールブレス編)
マイクロプラスチックや地球温暖化の問題など脱プラの流れを意識して、なるべく自然素材を使いたいと思っています。

無垢の木の良さを伝える!という観点からも、無垢の木の間に化学物質満載というのは感覚的におかしい。理屈から言ってもほんとうは意味のあるものかもしれないけど、今ここでは人間の感性の問題としておく。

今回は断熱材。
グラスウール、ロックウールなどの無機系素材
スタイロフォーム、ウレタンフォームなどの石油系素材
などが、現在の断熱材の主流となっています。

自然系素材としては、ウールブレスなどの羊毛、セルロースファイバー(紙)、フォレストボードなどの植物由来のものがあります。


今回は、ウールブレス(羊毛断熱材)

成形するのに接着剤ではなく、熱融着という手法を使っています。
熱融着とは、接着剤を使わないで融点の異なる素材を熱や高周波で成形することをいいます。ウールだけだと熱融着できないので、ウールブレスではウール以外にリサイクルポリエステル繊維を20-30%混ぜているそうです。それゆえに、ウール100%ではないです。化学繊維が混ざり、できるだけ自然素材を活用するという素材になります。ただし、化学繊維の代わりに、とうもろこし繊維を使ったナチュラルタイプという100%天然素材の商品もあります。

このリサイクルポリエステル繊維ですが、健康的な断熱材としてよく使われる「パーフェクトバリア」の主原料です。
ポリエステルの特徴は上記サイトに記載されている通りです。完全燃焼で水と炭酸ガスになります。

ちなみに、グラスウールは成形のために微量のフェノール樹脂を使っています。ただ、グラスウールは鉱物系なので、脱プラ系の断熱材としては優れていると思います。

V type バージンタイプ  (リサイクルポリエステル繊維20-30%)熱伝導率0.040
R type リサイクルタイプ (リサイクルポリエステル繊維20-30%)0.044
N type ナチュラルタイプ (とうもろこし繊維)0.040

値段は、設計価格で3坪、V 27,000円、R 18,000円 N 27,000円(Nは規格が1種類のみ)

防虫にはオクトボーという岩塩由来の忌避剤、以下の表記があり、これ以外の添加物は一切ないそうです。

”ウールブレスには「オクトボー」という天然の岩塩から抽出した防虫剤を使用しています。
このオクトボーは少ない量で充分な防虫効果を発揮するホウ酸を主成分としています。ホウ酸は目薬などにも使用されている成分なので非常に安全性が高く、揮発・蒸散することもありません。また、オクトボーはあくまで忌避剤として効力を発揮しており、害虫を死滅させる殺虫剤ではありません。オクトボーは、人と環境に優しい防虫剤なのです。”

100%自然素材ではない(Nタイプを除く)ですが、できるかぎり天然素材をもちいた良い素材だと思います。
混入されるリサイクルポリエステル樹脂も、それそのものが健康的な断熱材料として評価されており、燃やしてもダイオキシン等の有害物質を出さず、完全燃焼すれば水と炭酸ガスになるというものですので、廃棄という観点からも比較的安心して使用できます。

吸放湿性が高く、濡れても復元性があるので、その点も評価できると思います。
無垢の木を生かしたい!!という意味では、とてもなじみが良い断熱材だと思います。

廃棄のときは、ヘタレないのでリユースがいちばん。ポリエステルが混じっているものはリサイクル可能なのか調べてみたい。

脱プラスティック、完全には難しいけどできることはまだまだありそうです。

ただし、感覚的なものが許せば、高性能グラスウールやパーフェクトバリアなどに置き換えることも十分に考えられます。

# by hidamari_musees | 2019-09-21 09:54 | 木のいえ
表層地盤増幅率
表層地盤増幅率
地震の時の揺れやすさを表します。

地震ハザードステーション J-SHIS

ご自宅の地盤も見ることができます!

# by hidamari_musees | 2018-11-04 07:42 | 安曇野への移住(基本編)
安曇野から新宿方面へ行く方法
2019年春、特急あずさのえきねっと料金、高速バス料金とも実質値上げとなっています。
この投稿は記録として残しておきますのでご注意ください。

安曇野から東京方面

車の場合
長野道・安曇野ICまたは梓川SAスマートIC(ETCカードのみ)〜新宿ICまで
 223km(通常料金6,880円 深夜料金4,060円)
長野道・安曇野ICまたは梓川SAスマートIC(ETCカードのみ)〜八王子ICまで
 189km(通常料金4,600円 深夜料金3,220円)

JRの場合
松本駅〜新宿駅
 通常料金6,380円(特急あずさ自由席、225km)
 あずさ回数券(指定席、6枚つづり)27,780円(1枚当たり4,630円)
 えきねっとトクだ値 繁忙期4,610円、通常期4,480円、閑散期4,350円

高速バスの場合
松本〜新宿
 通常 3500円(往復割引 6,100円)
 Sクラスシート 4,500円
松本〜中央道日野
 通常 2,950円(往復割引 5,300円)
 Sクラスシート +1,000円

首都圏に一人で行く場合は、スーパーあずさの新型車両化に伴いJR利用が多くなりました。高速バスのSクラス利用と「えきねっとトクだ値」はほとんど同レベルの料金。時間的には名古屋と違って、高速バスとJRの大きな差は感じないです。利用者が多いため、割引率も高めです。自家用車は2人以上か、途中でいろいろな現場を回りたい時に利用する程度です。

※2018/4/27現在です。詳細は別途お問い合わせください。


# by hidamari_musees | 2018-04-27 11:50 | 安曇野への移住(基本編)
安曇野の冬は太平洋側の気候
安曇野の冬は太平洋側の気候です。

南岸低気圧が通って首都圏に雪が降るときにこちらも大雪。年に2-3回、20-30cmぐらい。4年前に一度1mがありましたがごく稀です。西高東低の冬型の場合は晴れていることが多いです。ただし、1月後半から2月前半は気温が低いので雪かきをしないと雪は結構長い間残ります。綺麗なので出来るだけそのままにしておきます(^^)

アルプスブロックは強力!!
b0024611_08415079.jpg


# by hidamari_musees | 2018-02-04 10:02 | 安曇野への移住(基本編)
安曇野から大阪方面へ行く方法
京都大阪方面は、自家用車で高速道路、JR特急しなの+新幹線、高速バス、飛行機(8月限定)の4種類

新宿方面、名古屋方面はほぼ同じ距離ですが、関西はやや遠いイメージがあります。ですが、関西から観光、山、スキーに行かれる方は松本〜白馬方面が非常に多く、したがってこのエリアへの移住の方も関西の人がとても多いです。

時間的には、JRの特急しなの+新幹線が圧倒的に便利です。乗車時間は約3時間。東京に行くのとさほど変わりません。料金はお高いです。自由席利用でも大阪まで1万円ぐらい。割引運賃もいいのがありません。

金銭的には、高速バスが安いです。その代わりに時間は約6時間もかかります。バス会社も複数ありますが、アルピコだと深夜便もあります。
 高速バス(アルピコ)繁閑運賃()夜行便
  松本〜大阪 S 6,200(6,700) A 5,800(6,300) B 5,400(5,900) B早売21 4,860(5,310)
  松本〜京都 S 5,700(6,200) A 5,300(5,800) B 4,900(5,400) B早売21 4,360(4,860)

飛行機は8月限定で、信州まつもと空港〜伊丹空港、JAL便です。

大阪に行く場合は、時間的な問題でJR利用が多いです。3時間と6時間はさすがに大違いです。バスが苦手な方&時間がある場合は「青春18きっぷ」というのもあり? 名古屋〜大阪間は、新幹線の他にも、新快速乗り継ぎや近鉄特急という手もあります。

ちなみに、うちの大阪の専門学校に行っている次女は、安いのでもっぱら高速バスのようです。

※2017/12/7現在です。詳細は個別にお問い合わせください。




# by hidamari_musees | 2017-12-07 12:10 | 安曇野への移住(基本編)
安曇野から名古屋方面へ行く方法
安曇野から名古屋方面

車の場合
長野道・安曇野ICまたは梓川SAスマートIC(ETCカードのみ)〜名古屋ICまで
 209km(通常料金5,290円 深夜料金3,490円)別途ガソリン代

JRの場合
松本駅〜名古屋駅
 通常料金5,510円(特急しなの自由席、188km)
 しなの回数券(指定席、6枚つづり)32,340円(1枚当たり5,390円)
 しなの回数券(自由席、6枚つづり)30,360円(1枚当たり5,060円)

高速バスの場合
松本〜名古屋(アルピコ、名鉄バス)
 繁閑運賃
 S期間 3,860円(年末年始など)
 A期間 3,560円(土日など)
 B期間 3,000円(金曜日など)
 C期間 2,800円(月曜日など)
 D期間 2,600円(閑散期平日)
 Sクラスシート +1,000円

名古屋へは仕事でよく行きますが、1人の場合は高速バスが多いです。高速バスだと3時間かかるので、急ぎの時などは約2時間のJRを使います。2人以上、もしくは荷物がある時などは自家用車です。

※2017/12/7現在です。詳細は別途お問い合わせください。


# by hidamari_musees | 2017-12-07 11:50 | 安曇野への移住(基本編)
大糸線
安曇野市内のJR大糸線の駅は、梓橋、一日市場(ひといちば)、中萱、南豊科、豊科、柏矢町(はくやちょう)、穂高、有明、安曇追分の9駅があります。日中は概ね1時間に1本程度でのどかですが、朝夕は本数が増え松本の学校に通う高校生大学生や通勤客で結構混んでます。

これから高校大学に進学する可能性のあるご家族の場合、やはり大糸線の駅から徒歩圏内(もしくは自転車圏内)であると自力で通勤通学ができるので便利です。駅からの距離が遠い場合や厳冬期に関しては、自家用車で駅まで送り迎えのが必要となる場合も多いです。

なお、安曇野市内にはJR篠ノ井線の駅も田沢、明科の2駅あります。こちらは、長野市へ行くルートなので、県庁所在地に行く場合はとても便利です。大糸線と異なり駅間が非常に長いです。

あと、便利情報ですが、「長野」へ行く場合、「信州往復きっぷ」を使うと、「松本(明科)〜長野」が往復1470円(片道735円)です。さらに、特急しなので「松本〜長野」利用することもでき、その場合は「信州特急料金回数券」を利用すると片道510円プラスで優雅に行けます(笑) 大糸線内からは松本経由になりますので、その分の料金は別途かかります。

松本駅からの所用時間は案外重要です。
 一日市場まで約15分
 中萱まで約16分
 豊科まで約20分
 穂高まで約28分
※単線のため電車によって異なります。


# by hidamari_musees | 2017-12-07 10:52 | 安曇野への移住(基本編)
地域包括支援センター(高齢者おひさま相談室)
先日、かみさんが地元の公民館活動の一環で「認知症サポーター養成講座」に行ってきました。

安曇野への移住、都会でリタイアされた方の移住がかなり多いです。若者の移住のような派手さはありませんが(笑)、これまでに何組もお手伝いさせていただきました。
気になるのが高齢になった場合の支援がどうなっているのか?

安曇野の場合は、高齢問題で迷ったらまずはこの「地域包括支援センター(高齢者おひさま相談室)」に相談するのが一番良いと思います。
例えば「認知症?」と思ったら、地域包括支援センターに行ってチェックを受け該当者になれば予防教室を受けられるそうです(3,040円の1割304円負担。一般の方も参加可能)。

認知症に特化した「デイホーム楓」さんや「デイサービスまがりっと」さんも当日いらっしゃっていたようです。

※詳細は直接お問い合わせくださいね。




# by hidamari_musees | 2017-12-07 10:22 | 安曇野への移住(基本編)
安曇野市の適正な土地利用に関する条例・施行規則、市土地利用基本計画、市土地利用ガイドライン
安曇野市の土地利用に関する条例です。

これは、とても大切なので、どの地域なのかを確認しておくことがとても大切です。
例えば、ゲストハウスやシェアハウスをやりたいという時には、どのエリアなら可能なのか? どういった方法で可能になるのか?をよく見極めておく必要があります。

行政の窓口に直接聞くと「できません」という答えが返ってくることも多いと聞きますが、聞き方の問題で不可と言われるケースや念のため安全側に答えていることもよくあります。これまでも何度か「ここでは店舗はできない」とか「ここでは宿泊業ができない」と言われたという事例をお聞きしていますが、今一度確認されることをお勧めします。

もちろん、ご相談いただいても結構です。ただし、本当に不可の場合もありますのでその場合は悪しからず。


# by hidamari_musees | 2017-12-06 17:42 | 安曇野への移住(基本編)



2013年に安曇野に移住した一級建築士事務所のお話。すまいはひとりひとりのミュージアム♪
by ひだまりミュゼ
Link !!
ひだまりミュゼ 建築士事務所
ひだまりミュゼ web

Facebook ページ
ひだまりミュゼ
ブログの更新情報など

<資料室>
sumai+
mansion+

マン管備忘録
カテゴリ
全体
contact us
安曇野の暮らし
安曇野への移住(基本編)
安曇野の自邸(築35年フル改修)
木のいえ
古民家再生
+ 古民家改修(北穂高)
+ N氏の工房ハーフビルド(豊明市)
+ 天然素材のマンション改修(名古屋)
+ 昭島中神の家(昭島市)
+ 大泉学園の家(練馬区)
+ ログハウスリノベ(軽井沢)
+ 日向和田の家(青梅)
+ 減築プロジェクト(小金井)
+ 環の家(日の出)
+ 古民家リノベ(梓川梓)
+ 築90年のリノベ(青梅)
+ あきる野の家(あきる野市)
+ ひだまりの家(日の出)
+ ムク材マンション(東京)
セルフビルド
家具
すまい考
ペレットストーブ
再生可能エネルギー


東京の木
マンション管理
日記
資料室
311 大震災の夜
最新の記事
自然系断熱材の話(フォレスト..
at 2019-09-22 07:53
自然系断熱材の話(ウールブレ..
at 2019-09-21 09:54
表層地盤増幅率
at 2018-11-04 07:42
安曇野から新宿方面へ行く方法
at 2018-04-27 11:50
安曇野の冬は太平洋側の気候
at 2018-02-04 10:02
安曇野から大阪方面へ行く方法
at 2017-12-07 12:10
安曇野から名古屋方面へ行く方法
at 2017-12-07 11:50
大糸線
at 2017-12-07 10:52
地域包括支援センター(高齢者..
at 2017-12-07 10:22
安曇野市の適正な土地利用に関..
at 2017-12-06 17:42
タグ
フォロー中のブログ
森林・林業データベース
うちの食卓 Non so...
ほどくぼ日記
irei blog
身体と心のよりどころ
ひだまりミュゼ マンショ...
kyoco日記
続・U設計室web diary
ひなたの場所
スタジオ紡
【匠のデジタル工房・玄人専科】
ひだまりミュージアム
ひとりごと
Wind
東京ペレットのブログ
東京の木で家を造る会 ...
NPO プレイス
Greener World
人生の宝物 by 金田裕子
いまここで
M42マウントレンズ地獄
hallelu-ya 太...
香恋の里しもやまの「クラ...
測定器47台プロジェクト
浜中材木店のブログ
検索
以前の記事
2019年 09月
2018年 11月
2018年 04月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2016年 02月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧